Top採用情報千田 拓治

千田 拓治

まだ世にない人材・教育サービスで社会を変える~新規事業立ち上げのプロがハウテレビジョンで実現したいこと

COO室(取材時)に所属しながら、マーケティング、営業、事業計画…とまさに八面六臂の活躍を見せる千田をご紹介します。 教育改革を通じ社会を変えたいと強い思いを持つ千田は、「大学生の頃から日本の教育に課題を感じていた」と言います。そんな彼がなぜハウテレビジョンに入社したのか、そしてハウテレビジョンで実現したい夢を熱く語ります。

千田 拓治(ちだ たくじ) 
プロフィール

2007年、一橋大学社会学部卒業。
人材系、モバイル系スタートアップを経て、新規事業領域に特化した戦略コンサルティングファームに入社。総合商社・大手通信などの新規事業立ち上げに従事。その後、株式会社リブセンスにて新規事業「転職ドラフト」を立ち上げ、2017年に株式会社ハウテレビジョン入社。現在(取材時;2017年)はCOO室マネージャーとして、マーケティング、営業、事業計画立案などを担当。
また週末は「WILLFU(学生起業家を育成するビジネススクール)」にて、アントレプレナーシップ講座の講師を務めている。

自分の夢の実現のため、新規事業立ち上げスキルの開発に貪欲に取り組んだ

ーーハウテレビジョンに入社するまでのキャリアを聞かせてください。

千田私のキャリアではハウテレビジョンが5社目になります。新卒で人材系のスタートアップに入社し、法人営業を経験しました。2社目はモバイルコンテンツを扱うスタートアップです。法人営業や商品企画担当を経た後、ソーシャルゲーム事業の立ち上げなどを経験しました。

この経験がきっかけで、新規事業の立ち上げプロセスについてより深く体系的に理解したいと考えるようになり、3社目は新規事業領域に特化した戦略コンサルティングファームに入社しました。

ファーム在籍時はIT/Web領域を中心に、総合商社、通信、メーカーなど日本を代表する大手企業の新規事業立ち上げプロジェクトを推進する機会を得ました。

新規事業の立ち上げは大きく四つのフェーズに分けることができます。

①進出領域・事業仮説立案期、②調査・具体検討期、③実証実験期、④本格立上・展開期

数多く、また多様なプロジェクトにアサインされたことで、全てのフェーズに深く携わることができました。新規事業の立ち上げを体系的に学べた貴重な数年間です。

ーーなるほど。それでは、4社目(前職)ではどんなことを?

千田大学時代から自分が挑戦したいと思っていた「人材領域」で事業主体として取り組もうと考え、リブセンスに入社しました。

当初は転職サイト「転職ナビ(旧:ジョブセンスリンク)」の事業企画を担当していました。しかしハイクラス領域の転職市場に進出するという社の判断を受け、「転職ドラフト」という新しいコンセプトの転職サイトを企画し立ち上げました。同サービスはリリースから半年で成長軌道に乗り、1年後には経済誌の巻頭特集に取り上げられるまでになりました。

そのときは自分の立ち上げた事業が世に認められたことを実感し、大いに喜びを噛みしめました。

方向性の確認のため、代表やCOOと何度も面談。ハウテレビジョンへの入社を決意

ーーハウテレビジョンに入社したきっかけは?

千田人材領域の中でも「就職」や「大学教育」をテーマに挑戦したいという思いを学生時代からずっと持っていました。

加えて、「外資就活ドットコム」(当社の新卒向けサービス)には以前より関心がありました。実は前職時代に、SEOの実験目的で個人ブログを書いていました。実験なので書くだけでなく他のサイトもチェックするわけですが、就活関連のキーワードで検索すると「外資就活ドットコム」の記事が目に留まるようになったんです。

目に留まったのはSEOが強いこと以上に、記事一本ずつのクオリティーが高く、また量と幅も充実していたからです。読み進めるほどに就活市場の現況や各社の選考対策について深く理解することができました。私は就活をしている大学生ではないにもかかわらず、いつの間にか「外資就活ドットコム」のファンになっていました。

当時、転職をするつもりは全くありませんでした。しかし、もっとサイトのことを詳しく知りたい、中の人と話をしてみたいと思いました。そこで、「Liiga」(当社の社会人向けキャリアアップ支援サービス)を通じて「とりあえず会ってみたい」とコンタクトしたところ、代表の音成COOの長村の二人が時間を取ってくれたのです。

ーーそんな出会いがあったんですね。面談ではどんなことを話しましたか?

千田面談の席で「就職や大学教育をテーマに、学生と社会人、そして社会をも変えたい」という率直な思いをぶつけたところ、音成と長村の2人が「それは是非やりたい」と強く共感してくれたんです。ハウテレビジョンへの入社を決めました。

私が転職先を選ぶ際に最も重視していたことは「会社の価値観が自分の価値観と近いか」という点でした。

自らが立案した事業や施策が社内で支持されるかは「全て会社の価値観により決まる」からです。コンサルタントやリブセンス時代に様々な新規事業の立ち上げに関わってきましたが、この原理を実体験として痛烈に感じていました。

自分が心の底から実現すべきと信じていることでも、会社と自らの価値観が一致していないと実現できません。新規事業立案者にとってその一致は最も大事なポイントなんです。

しかしながら就職や大学教育に関わる会社ならどこでも良いという訳ではありません。裁量があり、かつ、自分のアイデアを「それはやりたい。やるべきだ」と共感してくれる会社で働きたかったんです。

ーー価値観の一致は重要ですよね。ちなみに、どのように確認されたんですか?

千田面談を重ねる中で、実現したい企画などを20案ほど、音成と長村の2人に提案していたんです。全ての企画に賛同を得られたわけではありませんでしたが、それらの企画をもとに議論を重ねる中で、会社の進もうとしている方向や価値観が私の考えにとても近いことが確認できました。

また上場を目指すベンチャーでは収益を優先しがちですが、ハウテレビジョンは学生や社会人の教育・成長に寄与したいという“Will(思い)”がとても強いことも印象的でした。学生や若手社会人の視座を高めるといった社会貢献性のプライオリティがとても高いんです。

ーー20案も企画されるのはすごいですね。

千田面接中に口頭で表面的、あるいはある種場当たり的な議論をするよりも、企画を事前にメールで送り、具体的な意見をもらった方が確実に考えを確認できますからね(笑)。

現在はマーケティングをはじめ、営業、事業計画も担当

ーーさまざまな業務に関わっていらっしゃると思いますが、現在(取材時)はどんな業務をされていますか。

千田ユーザー獲得のマーケティングやグロースハックが50%、営業が30%、事業計画など全社戦略に関わる業務が20%という感じですね。

ーーその中で特にどのようなことに注力されていますか。

千田一番はマーケティング領域です。2019年卒向けの施策が終盤に差し掛かってきたので、2020年卒向けの戦略・計画を少しずつ立て始めているところです。

マーケティングはまだ経験の浅い領域ですが、コミット力を買われ任されています。マーケティングの専門性を高めたいと思っていたため、会社には感謝しています。

ーー現在の取り組みについて詳しく聞かせてください。

千田現在、当社では長期的なマーケティング施策はプロダクトチームが担当し、私は短期施策として、SEO、グロースハック、細かいUI改善などをチームで進めています。

これまでは会員獲得を重点的に進めてきました。今後は会員が再訪して普段使いをしてくれることを目標としたグロース、エントリーなどのアクション喚起を目標としたグロースにウエイトを置く予定です。サービスの規模に対し、まだできていないことが多くあります。視点を変えればそれは成長余地でもあるため、とても楽しみにてしています。

ーーハウテレビジョンの体制や環境としてはどのような特徴がありますか?

千田例えばSEOに関しては外部の専門家をアドバイザーとして迎えるなど成果を追うにあたって柔軟な体制構築ができています。環境という意味では業務に必要なツールや技術基盤が整っています。かつ、それだけでなく最新のテクノロジーやツールに関する社員のリテラシーも高いため、スピード感をもってサービスグロースに当たれています。

前職ではビジネスサイドの社員もSQLを自在に使いこなせるなど、ITリテラシーが高い会社として有名でした。当社の社員のリテラシーも同水準でしたので、入社時は驚きました。

テクノロジーやツールという面ではGoogle Apps Scriptを使った業務の自動化や、Rubyを用いたスクレイピングも行いますし、A/Bテスト時のフロントエンドもある程度は自分で対応します。

こうしたカルチャーは、当社の代表である音成のWebに対する深い理解に起因していると感じます。音成はWeb黎明期だった学生時代から大量のトラフィックを集めたサイトを運営していました。「外資就活ドットコム」の立ち上げ当初には、経営者でありながら自らもサイトの構築で手を動かしていたと聞いています。外から見れば当社は人材系の企業に見えるかもしれません。ところが、実態としてはTech系なんです。

大学時代から教育に強い問題意識を持っていた。その思いを今解消したい

ーー大学時代の話になりますが、その頃から日本の教育に不満があったようですね。

千田そうなんです。大学3年で就職活動を始める際に「最も興味のあることは何だろう」と考えました。そしてたどり着いたのは「大学の教育を、もっと若者の人生に意味のあるものに変えたい」という思いです。

「ビジネスの実務に役立つような授業は極僅かで、大学と社会の接続が薄い」という点が、その思いを持つに至った最大の要因です。特に文系の教育にその課題を強く感じます。

例えば私が在籍していた一橋大学では、他学部の授業を自由に受けることができました。その制度を利用し、所属学部ではない商学部でビジネスフレームワークなどを教わっていました。しかし授業を受けるだけでは実際に働く際、「どのように使うか」のイメージが全く湧かず、それどころか社会に出た後に習ったものを使うことはほとんどありませんでした。

私は大学教育の存在意義は2つあると考えています。一つは大学独自の”知”を学生に伝えること。もう一つは学生が社会に出て働くにあたって必要となる知識や経験を提供し、優秀な人材を開発し、その学生の人生と社会を活性化することだと思うんです。しかし大学の教育プログラムは、その多くが前者に偏っていると強い課題意識を持ちました。その状況は私が大学を卒業して12年たった今もほとんど変わっていません。

ーーそういった背景があったんですね。そこで学生時代から教育に挑戦されたと伺いました。

千田そうですね。まずは大学教育について自分の問題意識が正しいか検証するために、大学を1年間休学しフルタイムでインターンをしました。その会社は某著名ファーム出身者が設立した人材組織系のコンサルティング会社で、大学や専門学校の改革コンサルティングを手がけていました。

運良く大手専門学校の案件にアサインされ、生徒数減少の抑制を目的とした教育プログラム改革を調査・立案しました。非常に良い経験となりました。「こういうアプローチで教育を提供すれば、教育は劇的に変えられる」という感触を掴むことができました。

現在は週末に「WILLFU」という大学生向けの起業教育を行うビジネススクールで講師を務めています。そのプログラムの開発も、インターンで働いていた当時専門学校に提案した内容と似たアプローチで行っています。結果、半年間の集中トレーニングで多くの学生起業家を輩出できています。こういう教育を大学の授業でやれば、多くの学生の人生が変わる!と思いますね。

ーーハウテレビジョンではどのようなことに挑戦したいですか?

千田大学教育の代わりとなる教育プログラムをオンライン/オフライン両方を使い、うまく提供したい。色々ありますが、一番はこれですね。そしてこのプログラムを多くの人に届けたいと考えています。必ず実現したいと思います。

「外資就活ドットコム」ではコラム記事、選考体験記、コミュニティなどの提供により学生と社会を接続し、成長を促すことができています。とはいえども、最も教育効果の高い手法は“対面教育”です。リアルな(オフラインの)教育サービスは会社のビジョンとしても実現したいことの一つです。

オンライン教育も蔑ろにするわけではなく、並行して進めたいと考えています。私も「TECH::CAMP(テックキャンプ)」というオンラインのプログラミングスクールを試してみました。非対面でも十分な教育効果を期待できると身をもって知ることができました。オンライン教育の良さは費用や空間的な制約を小さくできることです。その良さを活かした展開を考えていきたいですね。

ーー必ず実現したいですね。

千田ただし、これらのアイデアも「外資就活ドットコム」が信頼され、使い続けてもらえるサービスにならない限り実現は難しいでしょう。ですので、まずは目の前の課題としてサービスのユーザー体験やマーケティングの改善に勤しみ、その上で取り組みをスタートさせたいと思っています。

ーー最後にこの記事を読んでいる方へのメッセージをお願いします。

千田様々なことを語ってきましたが、ハウテレビジョンという会社や、私のような存在に興味を持ってくださる方がいましたら、ぜひ気軽に遊びにきてください。募集しているポジションは色々ありますので、きっとあなたのWillにもお応えできると思います。

ちなみに、現在はリクルーティングを目的とした会食には会社から補助が出ると聞いておりますので、お腹がすいた時の有効なツールとしてもご利用ください(笑)。