Top採用情報堀江 隆介

堀江 隆介

ブランドスタジオで採用の未来を変える~元HRコンサルタント 堀江が描く採用ブランディング事業構想

α Studio マネージングコンサルタント(プロダクトセールス部シニアマネージャー兼任)の堀江をご紹介します。

HRコンサルタント、人材系ベンチャー、PwCを経てハウテレビジョンにジョイン。

現在は、営業に加え、採用ブランディング事業の立ち上げを推進しています。

「『採用ブランディングといえばハウテレビジョンだよね』と言われるところまで持っていきたい!」と語る堀江に当社のブランドスタジオが目指していることについてインタビューしました。

堀江 隆介(ほりえ りゅうすけ) 
プロフィール

2002年大学卒業後、日系コンサルティングファーム入社。セールス部門を経てHR領域の人事組織開発コンサルティング業務に従事。
2011年、設立10年目の人材系ベンチャーに入社。コンサルティングチームの立ち上げ責任者として、ゼロベースから顧客開拓、企画提案、企業向け研修講師まで全てを担当。その後、事業化にも着手。大手企業の採用課題解決に向けたソリューションを提供。
2017年、PwC入社。人事部マネージャーとしてHRBP(HR Business Partner)を担当。
2018年4月に株式会社ハウテレビジョン入社。現在はプロダクトセールス部シニアマネージャーを務めるとともに、α Studio マネージングコンサルタントとして採用ブランディングの事業化を推進。

起業のための手段として新卒でコンサルへ。営業からコンサル、研修講師まで幅広く経験

ーーまずは、ハウテレビジョンに入社するまでの略歴を教えて下さい。

堀江大学在学時から「将来は起業をしたい」というビジョンがありました。

「起業するには自分のスポンサー探しが一番重要ではないか」と考え、企業のオーナーやトップに会え、経営が学べて、なおかつ自分のスポンサー探しもできる経営コンサルを志望するようになったんです。

そこで、当時内定をもらっていたコンサルティングファームの中でコンサルタントにも徹底して営業経験を積ませ、裁量が大きいと言われていた日系コンサルティングファームに入社を決めました。

クライアントはインフラ系や、精密機械・半導体メーカーなど大手企業が中心。教育研修や人事制度の構築、経営層へのアドバイスなど、幅広く支援していました。

例えば大手企業の営業開発のコンサルティング業務では、クライアント企業の本社で丸一日費やし各部署の方にインタビュー。そこから企画書を書き、受注、納品まで担当しました。全て営業が行うのです。

非常に面白かったですし、やりがいもありましたね。

ーーご自身のキャリアのメインの部分はこの日系コンサルティングファームでつくられたということでしょうか。

堀江そうですね。自分のキャリアの基礎を作ってもらったと思っています。

4年目からは部下育成も任せてもらい、マネジメント経験を積むこともできました。最後の2年間は営業からコンサルタント部門に移籍し、研修講師として全国を飛び回って階層別研修や営業研修などの講師登壇もしていました。

人材系ベンチャーではビジネスの立ち上げに挑戦、PwCでは文化の違いや人事の現場の厳しさにも直面

ーーその後は人材サービスを提供するベンチャーに移っていますが、こちらはどのようなきっかけでしょうか?

堀江当時、そのベンチャー企業が新たにコンサルティングビジネスを立ち上げるための人材を探していたんです。

私の営業経験やコンサルタントとしての実務経験などを評価いただき、代表からのお誘いで入社しました。ベンチャーでしたから、最初はたった二人での事業立ち上げ。テレアポから企画書作成、研修講師まで、前職以上に何でもやりました。

当時の取引先は中小・ベンチャー企業が中心で教育や採用のための予算が確保されていないことも多く、「どうやって予算を捻出するか」というところからお話をすることも多々ありましたね。

またコンサル経験のある人材の採用など、それ以外のハードルもあり、立ち上げの初年度はかなりきつかった思い出があります。

ーーそこで6年間仕事をされて、その後 PwCに転職したそうですが……

堀江40歳を前にして改めて今までやったことのないことにチャレンジしたかったんです。

それまではコンサルという立場で企業のトップの方へのアドバイスも多くしてきました。しかし「より適切にアドバイスするには、もっと現場の人事担当者の肌感覚を知らなければ」との考えから、PwCに入社しました。

私が担当していたHRBP(HR Business Partner)は、プロジェクトのアサインをマネジメントする立場です。

コンサルティングファームは全ての案件がプロジェクトワークなので、各プロジェクトのスタートとエンドを見て、どのタイミングにどれくらいの人が必要だから、じゃあこのタイミングではこの人を入れよう、だとか。

プロジェクトの採算性と人の稼働状況を見て、ポジション別に人の配置を考え、管理、調整を行っていました。また、スタッフの稼働時間のモニタリングといった労務管理も担っていました。

ーーそれまでのベンチャーでの仕事とHRBPの業務の差に違和感はなかったんですか。

堀江たくさん、ありました。

経験したことがない仕事ですし、日系企業とのカルチャーギャップ、人事という立ち位置ゆえの求められる行動の違いもあり、慣れることも、パフォーマンスを発揮することもしんどかったですね。

社会人人生の中で最も苦労した1年間だったと思います。

「ブランドスタジオを作りたい」と満を持して入社を決意

ーーその次にハウテレビジョンに入社されたわけですが、どのような経緯で入社されたのですか?

堀江実はPwCに入る前にも、付き合いのあるエージェントからハウテレビジョンの紹介を受けていました。その時はどうしても人事がやりたかったためハウテレビジョンのオファーを断っていたんです。

とはいえHR領域で採用やヒトに関わる仕事を、アドバイザリーとして関わることにはやりがいを感じていましたし、ゆくゆくは、またやりたいと思い続けていました。

PwCに入社して1年が経過する頃、エージェントに「そろそろ会社を変えようと思っているんですよね」と相談したところ、「満を持してハウテレビジョンじゃないですか」と言われ改めて長村と会いました。

そこで長村から提示されたのが、「ブランドスタジオで企業の採用ブランディングを支援しませんか」という話だったんです。

ブランディング事業はまさしく自分のやりたいことだし、自分なら事業の立ち上げに貢献できる確信もあったので、入社を決めました。

ーーブランドスタジオって具体的にはどんなことをやろうとしているんですか?

堀江「採用ブランディング」を称する会社は世の中にいっぱいあります。しかし、そのほとんどが採用ホームページやパンフレット、動画といった、単なる制作物の提案に終始しています。

しかも、それらの制作物の大部分は、学生や求職者へのプロモーションが目的であって、本当のブランディングではないと。

ターゲティング、メッセージ開発、最適なメディアの選定、あるいは組織変革を行うためにどのように企業のカルチャーや仕組みを変化させるべきか。こういったことを提案する事業をやりたいと思っています。

本来、ブランディングとはその組織からふつふつと湧き出てくるものだし、湧き出た匂いや雰囲気につられて人が寄って来るというものだと思います。

そういったソリューションを作っていくために、まさに詳細を詰めているところです。

自由度が高く、クライアントの“Will”の達成を常に考えられる環境

ーーやりがいを感じるのはどんなところでしょう。

堀江たくさんありますが、一つは何よりも自由度が高いこと。「クライアントの“Will”を達成するためにどうしたらいいんだろう」を常に考えられる環境です。

例えば、社外のライターやカメラマンであってもクライアントにとってそれがベストな布陣であれば、アサインできる柔軟性があります。

当然売上も重要ですが、 クライアントの課題解消に向けて何ができるかを考える時間が多いので、大きなやりがいがありますね。

ーー今後長期的に挑戦したいことはやっぱり採用ブランディングでしょうか?

堀江そうですね。「もう、採用ブランディングといえばハウテレビジョンだよね」というところまで持って行きたいですね。

ーーそれはやりたいですね!

堀江やりたい!

東大や京大をはじめとした最難関といわれる大学の学生動向や、採用メディアを運営しているからこそ得られるデータ。それらを持っている我々にしか提案できないことってあると思うんですよね。

一般論で「学生ってこうですよね」と括るのではなく、 「御社のターゲットとする学生を獲得するためには、このタイミングからこういう取り組みをしたらいいですよ」とデータに基づいて話ができる。

だからこそハウテレビジョンが採用ブランディングをやる意味があるので、しっかり力を発揮していきたいと思っています。

魅力はキラーコンテンツと、そこから得られるデータ。そして適度な規模感

ーーハウテレビジョンの魅力はどこにあると思いますか。

堀江外資就活ドットコム」(当社の新卒向けサービス)が9年も続いているサイトであり、マスでプロモーションをしなくても上位層の学生に口コミだけで認知してもらえているのはすごいことですよね。

こういうキラーコンテンツを持っていることと、そこから得られるデータは非常に大きな魅力だと思っています。

会社としては、自由度の高さや裁量が大きいところも好きです。またITを生業とする企業なので、エンジニアとの距離が近く「一緒に商品を作っている」という感覚を持てるところも好きですね。

エンジニアサイドは本当に徹底的なユーザーファーストを考えているんです。でもビジネスサイドの視点では、クライアント企業からお金をもらわなきゃいけない。

このコンフリクトって必ず起きるんですけど、議論をぶつけながら解消をしていくことができるのも、この規模感とかハウテレビジョンという会社ならではだと思います。

ーーその辺は営業とコンサルティングの両方を経験されている堀江さんならではの視点かもしれませんね。もし今後ハウテレビジョンに入っていただくとしたらどんな方がフィットすると思いますか。

堀江経歴は問わず、「ユーザーやクライアントに良いものを提供したい」という思いが強い人ほどフィットするんじゃないかなと思います。

私が入ろうと思ったきっかけも、入社前に長村と音成と3人で飲みに行って、「ユーザーファーストは絶対にブレさせない」という話を聞いたからなんです。

音成は「例えばもし『こんな広告商品を作ったとしたら、大きく売り上げが上がるんです!』と言われても、それがユーザーのためにならないんだったら絶対にやりたくない」とすごく熱く語っていたんですよ。

やっぱり、いわゆる営利に走らないことに関してトップがブレないってすごくいいなと思っていて。

言葉を選ばずに言うと、音成が「就活オタク」であることと、ユーザーやプロダクトへの思いが強いことがこの会社の大きな魅力だと思うんですね。

そこにシンパシーを感じてくれて、「一緒に良い商品を作りたい」とか「クライアントやユーザーにとって良いプロダクトをどんどん生み出していきたい」と考えている人だったら、うちの会社にすごくフィットするんじゃないかなと思います。