Top採用情報川副 浩司

川副 浩司

「事業会社ならではの仕事に積極的に取り組みたい」公認会計士資格を持つ経理財務部長の次なる挑戦

コーポレート本部財務経理部マネージャーの川副をご紹介します。

大学院卒業後、インテリジェンス(現パーソルキャリア)、地方公共団体、監査法人トーマツという異色のキャリアを経てハウテレビジョンにジョイン。

経理・財務に関する責任者として業務を運営・推進するだけでなく、内部監査、売上算出のサポートも行っています。

業務のやりがいや入社の経緯、工学部卒業から公認会計士合格までのストーリーについてインタビューしました。

川副 浩司(かわぞえ こうじ) 
プロフィール

大阪大学大学院工学研究科卒。
新卒で入社したインテリジェンスにてUSENに出向し、1年間営業を経験。その後、公務員試験を経て福岡市役所に入職。技術職として公共工事を担当。仕事の傍ら勉強していた公認会計士試験に合格し、監査法人トーマツに入社。トータルサービス事業部に所属し、ベンチャー企業の上場前後の支援に約4年間従事。
2018年1月に株式会社ハウテレビジョン入社。財務経理マネージャーとして経理・財務に関する責任者を務める。

望まぬ出向。「ここから逆転するには」と悩んだ末、公認会計士試験に挑戦

ーーまずはハウテレビジョンに入社するまでの略歴を教えて下さい。

川副新卒でインテリジェンスに入社したのですが、当時はリーマンショックの影響でいろいろあり、USENに出向しました。USENでは1年間働きましたが「時代や景気の影響を受けない働き方がしたい」と思い、退職を決意しました。そして公務員を目指すことになります。

ーー公務員時代はどんなことをされていたんですか。

川副学生時代、工学部で構造力学などを勉強していたので、学んだことを生かして、市役所の土木分野の技術職で入りました。

担当したのは公共工事関連の業務です。例えば国道246みたいな大きな道路があるじゃないですか。あのような大きな道路の設計や積算、あとは工事の安全管理とか進捗とか、そういう仕事ですね。

しかしながら、市役所に入って半年ぐらいで会計士を目指すことを決め、予備校に申し込みました。

ーーなぜ会計士だったんですか?

川副「景気に左右されないような自分の強みを持ちたい」と考え、公認会計士に至りました。会計って会社経営の中でも重要な分野でやりがいもありそうだし、周りの友達に会計士は全くいなかったんです。それに「周りとは違った資格を持っていた方が、何かあったときにそれぞれを補い合えていいかな」と。

会計士試験に合格! トーマツではベンチャー企業 約20社の上場を支援

ーーとはいえ、会計士試験は難易度が高い資格だと思いますが。

川副そうですね。結構頑張りましたね。市役所に勤めながら、必死に会計士試験の勉強をしました。

会計士試験は年に1回あるんですが、1年目は受けるまでもないみたいな感じで、2年目は落ちて。3年目に合格しました。

ーー会計士試験に合格してトーマツに入社されたんですね。

川副はい。監査業務は会計士にしかできない仕事だし、いろいろな会社を担当できることに魅力を感じ、監査法人に進もうと思いました。

また大企業より中小企業の方が、会計士として会社の経営を俯瞰できます。その点からベンチャー企業に興味がありました。そこで、業界の中でもベンチャーを含めIPO実績が多く、ベンチャーの監査に特化した部門のあるトーマツに入社を決めました。

ーートーマツではどんな業務を?

川副「トータルサービス事業部」といって、上場を目指している企業、これから成長していこうというベンチャー企業を担当する部署に在籍しました。具体的には未上場企業の監査や、上場に向けた体制づくりの支援を4年ほどしていました。

ーー上場支援の仕事はいかがでしたか。

川副一人の会計士が担当する企業数は常に10社ぐらいで、その中で担当企業が入れ替わっていきます。在籍期間中の合計では20社くらい支援したと思います。

やりたかった仕事ができて、また業界を問わずいろいろな会社を見ることができたので面白かったです。

ーー大変なことはありませんでしたか?

川副「上場のためにはこういう体制が必要」となったときに、クライアントに負荷がかかることをお願いしなきゃいけないんです。

嫌がる企業が多いのですが、いかに実行してもらうかが腕の見せ所でしたね。

ーー会計の知識があるだけではできないことですよね。

川副そうですね。ベンチャー企業ということもあり、まだ管理体制を整えられていないケースが多かったんですよね。

ただ、上場後も担当すると会社が変わっていく姿が見られるので、その点もまた面白かったです。

具体的な社名は言えませんが、その業界では名の知れた企業の上場支援もやりました。上場する2年程前から支援をしたのですが、最初は体制が整っていませんでした。重要書類が適切に管理されていなかったり、支払実績はあるのに請求書が行方不明だったり・・・。

ーーそうなんですね! 上場後はどんな感じに変わっていくのですか。

川副まずミスがなくなります。

決算資料の数字が正しいかチェックすると、上場前は「あ、ここも違う」みたいな感じでミスがボロボロ出てきたんですけど、上場後はそのような間違いもなくなりました。

それ以外にも、資金調達によって新規事業を始められるようになったり、知名度が上がり社員もいっぱい増えたり・・・というシーンを目の当たりにし、大きな手応えを感じました。

入社のきっかけはバイト!?「ちょっと社長と会ってみない?」で、いきなり面談

ーーその後、ハウテレビジョンに入社されたわけですが、そのきっかけはどんなことだったんでしょう。

川副COOの長村から誘われたんです。

長村とは、大学時代に居酒屋でのアルバイトで知り合いました。学年は僕が二つ下でしたが、僕が大学生で、長村がリクルートで働いていたときは、週5ぐらいで長村の家に泊まっていました。

ーーそんなに仲良しだったんですか・・・!

川副長村が就活の進め方など親身に相談に乗ってくれたり、仕事の話を聞かせてくれたりしました。

僕が大学を卒業して社会人になってからも、ちょくちょく二人で会っていました。

ーートーマツにいたときに、長村から「うちの会社においでよ」とお誘いがあったわけですか?

川副そうですね。最初はどこまで本気かわからなかったのですが(笑)。「じゃあ今度うちの会社に遊びにおいでよ」みたいな。

会社に遊びに行ってみたら、「ちょっと社長と会ってみない?」となって。そういう感じで徐々に徐々に話が進んでいきましたね。

ーー面接はあったんですか?

川副面接というより、いわゆるカジュアル面談ですね。

CFOの西塚代表の音成の二人からフランクに会社の概要とか業務内容とかの説明を受けた感じです。

ーーちなみに会社の人と会ってみて印象は。

川副そうですね、僕は入社順や年齢で偉そうな態度をとる人が嫌いなんです。ハウテレビジョンには偉そうな感じの人がいなかった。

社員それぞれがやりたいことを主体的に進めている話を聞き、会社の雰囲気も「自由そうだな」と感じました。

ーーいつかは事業会社に入ろうと思っていましたか?

川副それはありました。4年間である程度経験も積めたし、そろそろ事業会社でやってみてもいいかなと思い、入社を決意しました。

経理・財務、内部監査、売上算出のサポートも。事業会社ならではの業務に積極的にチャレンジ

ーー担当されている業務内容を詳しく教えてください。

川副経理・財務と、あとはまだ動いてはいないんですけど、内部監査人の役割も頂いています。

また最近は、目標管理に必要な売上の算出を手伝ったりもしています。経営企画のような業務というんですかね。

ーーいまご自身が特に注力されていることは何ですか?

川副 一番は正しく決算を締めることです。そこの体制づくりは一番力を入れていかなきゃいけないなと。

ーー苦労をされていることは?

川副監査法人であれば、一緒に働く人は全員会計士で同じ常識の中にいたんですけど、今は開発の人もいれば営業の人もいる。自分の常識がみんなの常識と違っていたりするんですよ。

社内各所に作業を依頼する際、まずバックグラウンドを説明して、理解してもらうという点では難しさを感じます。

ーーやりがいを感じるのはどういうところでしょう。

川副やっぱり人の役に立てたときは嬉しいです。

例えば会計処理が複雑なサービスを顧客に提供した場合、売上がいつ発生するかを把握するにもひと手間かかります。

営業担当だと会計の専門知識もなく、そもそも受注獲得のために忙しいので、タイムリーに毎月の売上を算出するのは難しいんですよね。でも経理担当なら当然知識がありますのでそういうこともしやすいんです。

自分が手伝ったことで「管理がしやすくなった」という声がもらえた時は嬉しいですね。

こういう一見担当外のような業務ができるのも事業会社の良さだと思っているので、積極的にサポートするようにしています。

ーーハウテレビジョンにはどんな方がフィットすると思いますか。もしくは、どんな方と一緒に働きたいですか?

川副当社はまだ会社を形づくる段階だと思うので「特にこんな人」というより、どんな人であっても活躍できると思います。いろいろな人に入ってきてほしいですね。